Web Meister - Contents Management System -

  1. HOME
  2. 製品詳細

製品詳細

W3C の理想を体現する HTML5CMS - Web Meister (ウェブ・マイスター)は、2004年、W3Cのホスト機関である慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスWebサイトへの導入のため、株式会社サイズ創設メンバーによって開発されました。HTML5対応の条件となるHTML5リッチインタフェース対応、HTML5セマンティクス対応が可能なCMSです。
ユーザインタフェースは「マニュアルを必要としない操作性」をコンセプトに開発。WYSIWYG エディタ(見たままのものが反映される)や、リッチテキストエディタによって HTMLの知識がなくても感覚的に操作することが可能です。

機能

機能

「コンテンツの作成・編集」「リポジトリ・バージョン管理」「ワークフロー管理」「ファイル公開管理」という4つのサブセットで構成されています。

スペック・システム構成

スペック・システム構成

アプリケーション・サーバとWebサーバを分離したシステム構成となります。これによって、公開前の情報漏えいリスク、万が一の障害が発生した場合のリスクを軽減することができます。

製品ラインアップ

Web Meister の製品ラインアップをご紹介します。

導入価格

Web Meister の導入価格をご紹介します。

FAQ(よくあるご質問)

Web Meister について、よくお問い合わせいたただくご質問内容をまとめました。