Web Meister - Contents Management System -

  1. HOME
  2. 製品詳細
  3. 機能
  4. WYSIWYGエディター

WYSIWYGエディター

WYSIWYGエディター

WYSIWYG(ウィジウィグ)とは、What You See Is What You Get の略でディスプレイ画面で見たものが、そのままHTML文書として出力できるエディターのことです。通常のブラウザのようにクリックしながら目的のページに移動して、誰でも簡単に編集したいページへ辿り着くことができます。編集したいコンテンツエリアの「Edit」ボタンをクリックすればコンテンツを更新することができます。このWYSIWYGエディターによって誰でも迷わずにコンテンツ編集が行えます。

WYSIWYGエディター(動画)

基本編集画面について

ページ編集を行う場合の基本画面となります。大別すると (A)ディレクトリ管理エリア、(B)ファイル管理エリア、(C)ページ編集エリアの 3 ペイン構造で成り立ち、(D)は基本メニューを配置します。

(A)ディレクトリ管理エリア Web サイトのディレクトリ構造を管理。編集したいフォルダをクリックすると、
(B)ファイル管理エリアを表示する。
(B)ファイル管理エリア ディレクトリ内のファイル構造を管理。編集したいファイルをクリックすると、
(C)ページ編集エリアを表示する。フォルダをクリックするとディレクトリが展開される。
(C)ページ編集エリア ページのコンテンツ構造を管理する。編集方法は、「コンテンツ編集」と「ページ編集」の 2 通りあり。
(D)基本メニューエリア Web Meister の基本メニューを表示する。編集エリアの表示範囲切り替え。

コンテンツの作成・編集