CMS - Web Meister - コンテンツマーケティングシステム

  1. HOME
  2. サポート
  3. HTML製品マニュアル
  4. 基本環境・項目について

基本環境・項目について Web Meister 製品マニュアル

2.1 動作環境について

『Web Meister』は、下記の動作環境にて使用することができます。但し、カスタマーの使用環境(ファイヤーウォール設定、IP制限)によって、使用できない場合があります。その場合は、Webサイト管理者に直接お問い合わせください。

OS Windows2000・XP、Mac OSX
ブラウザ Internet Explorer6~、FireFox2~、Safari3~
プラグイン 1.4.2-xx/1.5.x

2.2 ユーザー権限について

『Web Meister』は、ユーザーによって管理できる機能を制限しています。ユーザーごとに管理できる機能は以下の通りとなります。ユーザー管理については「8.1 ユーザーを管理する」をご覧ください。

※承認フロー設定において、Webサイト制作管理者が、Webインテグレーターの設定を変更する事はできません。

※Webインテグレーター権限は、サイト構造全体に関わる変更が可能な権限のため、取り扱いに際して十分な注意と知識が必要となります。その為、お客さまに対してのWebインテグレーター権限の譲渡については、両社協議のうえ、ご検討事項とさせていただきます。

※上記以外に「Webチーフ管理者」権限があります。「Webチーフ管理者」は、「Webサイト制作管理者」と同じ権限を有し、さらに、公開アラートメールが配信され、公開設定画面からページを「即時公開」にできる権限を持ちます。承認フローが正常に運営されているか管理する役割を持ちます。詳しくは「7.7 アラートメール設定」をご覧ください。


ユーザー権限
機能 Webコンテンツ編集者 Webサイト制作管理者 Webインテグレーター
ページ編集
ディレクトリ追加 - -
作業進行確認
テンプレート/素材管理
ユーザー・グループ管理 -
承認フロー設定 -
プロパティ設定 - -

2.3 承認フローのユーザーについて

承認フローのユーザーは、ページ作成者とページ承認者に大別されます。それぞれの役割は以下の通りとなります。承認フローについては、「7. 承認フローについて」をご覧ください。

  • ページ作成者ページの作成、編集を行い、承認を申請行うユーザーを指します。
  • ページ承認者(1次承認者・2次承認者・3次承認者)ページ作成者から承認申請が出され、それを承認するユーザーを指します。『Web Meister』は、段階的に承認を設定することができ、3次承認まで設定することができます。例えば、3次承認まで設定されている場合は、3次承認者が最終承認者となります。
  • Webチーフ管理者承認フローが正常に運営されているか管理する役割を持つユーザーを指します。公開アラートメールが配信され、公開設定画面からページを「即時公開」にできる権限を持ちます。

2.4 公開ステータスについて

『Web Meister』の公開ステータスの種類は、以下の通りとなります。

編集中 ページもしくは、コンテンツの編集、公開日時の設定を行うステータス。
承認中 ページ作成者が承認を申請し、あらかじめ設定されている承認フローに入った状態。
公開予約中 ページの最終承認が承認され、ページの公開(パブリッシュ)が予約されている状態。
公開中 ページのパブリッシュが終了し、ページが公開されている状態。
非公開予約中 ページを非公開にするための設定が予約されている状態。
非公開 ページが非公開の状態。Webサーバー上のページのキャッシュは、削除される。

HTML5 CMS - Web Meister の資料請求やデモのご要望、導入ご検討のご質問などは下記のフォームよりお問い合わせください。

資料請求・お問合せ