Web Meister - Contents Management System -

Web Meister 製品マニュアル 1 概要

1.1 本書の編集

株式会社 サイズ xyz Corporation

1.2 本書の対象

Web Meister Ver.2.5

1.3 本書の目的

Web Meister2.5 製品マニュアル(以降、「本書」)は、Web Meisterにおける更新・運営関係者が適切な制作作業を効率良く行えるように製品の機能についてまとめたものです。本製品マニュアルを、コンテンツの作成や更新作業のための技術資料としてご活用ください。

1.4 本書の範囲

本書では、『Web Meister2.5』の製品の特徴・機能について記述し、システムに関する詳細な仕様については記述対象外とします。

1.5 基本的な用語の定義

Web Meister 本システム全体を示す名称です。
ユーザー 『Web Meister』を使用する者、全てを示す総称です。
カスタマー 『Web Meister』のサービスを使用する顧客の総称です。
Webサイト管理者 カスタマーの中でWebサイトを管理している者・部署の総称です。
XYZ 『Web Meister』の開発提供元名称です。
ページ 『Web Meister』で管理される単位(file)の名称です。
コンテンツ 『Web Meister』で管理されるページを更に分割した単位(cell)、またはページの内容を示します。
セル(cell) 『Web Meister』で管理されるコンテンツの最小単位。このセル(cell)の組み合わせでページが構成されています。
コンテナ(Container) ページを構成するセルの集合単位で、ヘッダ、フッタ、メニュー、メインエリアを細分化したセルで構成されます。
パブリッシュ 『Web Meister』から設定されているWebサーバーへファイルが生成されることをいいます。

1.6 本製品の特徴

「Web制作のプロがつくったコンテンツ管理システム」

※SaaS型だけではなく、インストール型での提供も可能です。

1.6.1 WebMeister名前の由来

ドイツにおけるマイスター制度とは 手作業による仕事の伝統を維持し、後継者を育てるための制度のことです。『Web Meister』はWebサイト構築の技能と理論を完全にマスターし、Webサイトを維持し発展させるCMSでありたいという思いよりネーミングいたしました。また、ロゴにモチーフとして使われているグーテンベルグ文字には1447年に発明されたグーデンベルグの印刷機のように情報化社会に変革を起こすような製品でありたいという意味もこめています。

HTML5 CMS - Web Meister の資料請求やデモのご要望、導入ご検討のご質問などは下記のフォームよりお問い合わせください。

資料請求・お問合せ