Web Meister - Contents Management System -

DITA

【英語名】 DITA 

【読み方】 ディタ

解説

DITA(Darwin Information Typing Architecture)とは、技術情報を制作・発行・配布するためのXMLに基づいたアーキテクチャのこと。
DITAは、OASIS(構造化情報標準促進協会)の支援の下にIBMが開発し、コミュニティに寄贈されたものである。現在、DITAはOASIS標準として、1.1版が公開されている。 DITAを特徴づけるのは、継承の概念を用いた「特殊化」である。DITAにより提供される各基本要素を特殊化することで、利用組織の目的に合わせた情報アーキテクチャを構築することが可能となる。特殊化においては、継承される親要素の情報を含むことにより、組織外において利用される場合でも、特殊化された要素を、基本要素に代替解釈して処理することが可能となる。
DITAでは、「トピック」と「マップ」が基本要素として定義されている。トピックは、自己完結したコンテンツ素材を示す単位である。一方、マップは、ある制作目的のために、必要なトピックへの参照を集めた文書を定義する。この一連のトピックとマップを、XSLTなどの関連技術で処理することにより、最終形式の著作物を生成する。

関連ページ

  • Web Meisterとは → 特長