Web Meister - Contents Management System -

  1. HOME
  2. サポート
  3. CMS用語集
  4. ら行
  5. リッチテキストエディター

リッチテキストエディター

【英語名】 Rich Text editor

【読み方】 リッチテキストエディター

解説

リッチテキストエディターとは、交換・編集可能なクロスプラットフォームの文書フォーマットとして1987年からマイクロソフトにより開発され、仕様の策定が進められたRich Text Format (RTF, リッチテキストフォーマット) で読み書きできるエディターのこと。
プレーンテキストに比べて、フォントの指定や、文字の色・大きさや太文字などの装飾指定、画像の表示や中央揃え・箇条書き、表などの簡易レイアウトを行える特徴があり、現在では、比較的簡易なワープロソフトのデータフォーマットの一つとして位置づけられる。Web CMSにおいてはリッチテキスト形式で入力されたコンテンツをHTML形式に変換して保存するリッチテキストエディターを備えたCMSも多い。
Web Meister ではWYSIWYGエディターとリッチテキストエディターの両方の機能を備えている。

関連用語

関連ページ