Web Meister - Contents Management System -

マップ

【英語名】 map

【読み方】 マップ

解説

マップとは、DITAを構成する基本要素の一つでありトピックへの参照を集めた文書を定義する。
マップによって、トピックは順序化され、階層化された一つの成果物として制作、発行される。つまり、断片的なコンテンツ情報であるトピックを統合し、一つの著作物に仕立て上げることがマップの役割である。マップもまた、特殊化を行うことで、独自の情報アーキテクチャの一部として定義することが可能である。

関連用語

関連ページ

  • Web Meisterとは → 特長