Web Meister - Contents Management System -

  1. HOME
  2. サポート
  3. CMS用語集
  4. あ行
  5. アクセシビリティ

アクセシビリティ(accessibility)

【英語名】 accessibility

【読み方】アクセシビリティ

解説

アクセシビリティ(accessibility)とは高齢者・障害者を含む誰もが、様々な製品や建物やサービスなどを支障なく利用できるかどうか、あるいはその度合いを表す言葉です。

Webアクセシビリティとは、主に高齢者や障害者など身体に障害や不自由のあるWeb利用者に配慮したホームページなどのWebサービスを提供し、アクセスした誰もが容易に情報を共有できる状態にあることをいいます。

出典:(社)日本Webアクセシビリティ協会「Webアクセシビリティとは


Webにおいては障害や不自由のある閲覧者に対しての閲覧保障性がWebアクセシビリティだと思われがちだが、さまざまな閲覧環境(ハード・ソフト・操作機器・モバイル等)への対応性を指すのが本来の意味である。 W3Cでは1999年5月5日にウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン 1.0(Web Content Accessibility Guidelines 1.0)が勧告されている。
日本では2004年6月21日Webアクセシビリティを規定した日本工業規格(JIS)が交付された。正式名称は「JIS X 8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針 - 情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス - 第3部:ウェブコンテンツ」となっている。2009年、JIS規格(JIS X 8341-3)の改正が予定されている。